物販をやる上での利益の計算方法

今回は改めて、

利益の計算方法について書いていきたいと思っています。

 

この計算がしっかりできていないと、

実際に商品を仕入れたのに、

いざ売れたら赤字になっている可能性がありますので、

しっかりとマスターしてください。

 

まず必要なのは、

モールでの手数料の確認です。

 

メルカリなら一律10%ですが、

もしも今後アマゾンや別モールでの出店も考慮に入れるなら、

各モールごとに手数料というのが変わってくることを忘れず、

 

その都度確認してみて下さい。

 

更にかかるのは、送料。

自分のところからお客さんのところへ送るのに、

どの配送方法が一番安く済むのかを計算できることが、

利益を得るために必要なことです。

 

実は配送業者によってかなり差があり、

 

大きく分けると、

重さを優先して配送料が決まるのか、

サイズを優先して配送料が決まるのかに分かれます。

 

なので、

小さくて重たい荷物

と、

大きくて軽い荷物

 

だと、

利用すべき配送業者が変わってきます。

 

 

そして忘れがちなのが

「梱包資材」

です。

 

商品を送る際には、

段ボールが必要な場合があります。

 

更に、

そのまま入れると変に空間が空くなら、

プチプチの様な緩衝材を入れる方が良いでしょう。

 

家にある段ボールや新聞紙を代用しても良いですが、

数が売れてくると、この辺りも費用として計算していきたいところですね。

 

これらが、

利益を計算するときに考慮すべき

経費の部分になります。

 

この経費をしっかり把握していないと、

予想外の赤字になりますので、

是非しっかりと計算してみて下さい。