リサーチの際の検索ワードについて

今回は、

「リサーチの際の検索ワード」

について書きます。

 

前回記事で、

できるだけ具体的にリサーチについて書きました。

 

そして、

その中でも少し出てきた、

「検索ワード」

についてさらに具体的に見ていきたいと思います。

 

検索ワードというのは、

そのワード次第で、商品の検索結果が変わってきます。

 

そして、

その検索対象としては、

メルカリの場合には、

 

「商品タイトル」

「商品説明」

 

の両方が対象となります。

 

 

例えば、

検索ワードに

アディダス

と入れて検索します。

 

すると、

商品タイトルに

アディダス

と入っていなかったとしても、

商品説明のところに

 

アディダス

と入っていれば、検索される形になります。

 

さらに、

アディダス

adidas

の検索結果も変わってきます。

 

更に、

商品の型番の方が知名度が高い場合

例えば「iphone6s」

などのような商品。

 

これは、

apple

と入れてもリサーチとしては

あまり意味がありません。

 

より一般的な感覚で、

多くの人が検索するであろうワードから

検索をかける必要があります。