メルカリ販売の注意点

前回、初心者に対してメルカリでの販売を勧めました。

 

今回は、そのメルカリで販売する上で、

現在問題視されていることなども踏まえて、

注意点を挙げておきたいと思います。

 

これを飛ばすと、

アカウントが停止してしまい、

販売継続が出来なくなる可能性がありますので注意してください。

 

『在庫なしの販売はしない』

メルカリだけでなく、ヤフーショッピングや楽天市場でも問題視され、

各モールで対策が取られている内容になりますが、

 

メルカリで買ったのに、

アマゾンから届いたというクレームが多数あります。

 

そして、それが判明した時に、

アカウントが停止される可能性があります。

 

また、

在庫を持たない販売を禁止しているので、

 

もうすぐ発売する商品の予約受付

 

の様な販売方法もアカウントが停止される可能性があります。

 

『実物以外の写真を使わない』

 

これも、先ほどの件にかかわるのですが、

アマゾンから直接届く商品は、出品者が実物を持っていませんので、

写真をアマゾンから取ってきます。

 

そのため、規制が厳しくなってからは、

実際の写真以外を使用するとアカウント停止の対象になることがあります。

 

『一日の出品数を多くしない』

 

メルカリの仕組みとして、

最新の出品物の方が見られやすい傾向があります。

 

そのため、

同じ商品を何度も何度も出品する人がいます。

 

この方法は、

他の出品者への悪影響や、メルカリ側のサーバ負荷が大きくなるために禁止されています。

 

その規制に際し、

同じ出品者から大量に出品されることも、アカウント停止の対象になっています。

 

今現在は、

1日に10個から15個くらいを超えると、

アカウント停止される可能性があるとされていますので、

(これは、その時の状況によって変わるので、注意が必要です。)

 

沢山の商品を仕入れてから、一日でまとめて出品する

 

というような方法はお勧めしません。

 

このほかは、

基本的には

・相手のコメントに対して暴言であったり、誹謗中傷をするような内容を入れない

・偽物のブランド品を売らない

など、

当たり前のことが出来ていればアカウント停止の心配はありません。

 

規約というのがメルカリの中に書いてありますので、

そちらを一度は確認しておくことを勧めます。

 

もしもまた、状況が変わった場合には

随時記載していこうと思っています。